貧乳の原因とは|女性ホルモン増加で胸を大きくする方法を調べてみた

貧乳の原因とは

やせ型は無関係?

太りにくい体質だから胸が大きくならないのでは、と考えるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、実はやせ型でも胸を大きくすることはできます。なぜなら、貧乳の原因はやせ型ではなく、やせ型+体脂肪が少ない人なのです。

重要なのは「脂肪と乳腺」

バストは1割の乳腺と、あとはほぼ9割脂肪でできています。乳腺が張り巡らされており、その乳腺を守るようにその周りには脂肪組織がつくられます。そのため、この脂肪が増えることによって胸は膨らみ、胸を大きくするのです。乳腺を育てることによって勝手に脂肪もついてくるので、太らない体質のやせ型でも体脂肪が十分にあればバストアップができるのですね。

女性ホルモンと乳腺

バストアップに不可欠な乳腺ですが、どのように育てるのでしょうか。大切なのは、女性ホルモンなのです。女性ホルモンには、乳腺を増やす働きをするエストロゲンと、乳腺を育てるプロゲステロンの2つがあります。月経もこれら2つのホルモンの分泌でなっています。

特にプロゲステロンは、排卵後から月経までの間に増えていくので、月経前に胸が膨らむというのはこのためです。

初潮の1年ほど前より女性ホルモンが増え始め、胸は膨らみます。このときから女性は赤ちゃんを産むための準備をするわけですが、この思春期のホルモンの分泌量が、胸の大きさに影響を与えるとも言われています。

この時期には人間関係や受験勉強などのストレス、不規則な食生活、睡眠時間などがありますが、このようなホルモンの分泌を妨げるような原因をつくってしまうと、胸は思うように成長してくれないのです。

影響を受けやすい女性ホルモン

ストレスや睡眠不足で生理が遅れるということがありますが、それくらい女性ホルモンは生活習慣によって影響を受けやすいものなのです。特に「痩せていて脂肪が少ない」というのも女性ホルモンの分泌をストップさせてしまいます。

胸が小さいのは骨格などの遺伝によるものはあるかもしれませんが、ほとんどは女性ホルモンの分泌を妨げる生活習慣です。女性ホルモンの働きを妨げないような生活習慣を心がけましょう。

胸を大きくするためにできること

女性ホルモンを増やすには

エストロゲンによって乳腺とその乳腺脂肪を増やし、プロゲステロンによってその乳腺を発達させます。エストロゲンは月経が終わってから排卵までの間(卵胞期)に、プロゲステロンは排卵後から月経までの間(黄体期)にそれぞれ増加します。そのためそれぞれが増加するときに、その手助けとなる栄養素を与えてあげれば良いのです。

エストロゲンは納豆やみそなどに含まれる大豆イソフラボン、アボカドやアーモンドなどに含まれるビタミンE、卵やお肉などに含まれるコレステロール、まぐろやにんにくなどに含まれるビタミンB6などがその栄養素となります。豆乳を飲んだら胸が大きくなるということを聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうが、大豆は別名、植物性エストロゲンとも呼ばれるほど、ほぼエストロゲンのようなものなのです。

プロゲステロンはピーマンやキウイなどに含まれるビタミンC、うなぎや大根の葉などに含まれるビタミンE、豚ロースやえびなどに含まれるL?アルギニンなどがその栄養素となります。

食卓によく出そうな味噌汁や卵焼きはもちろんのこと、アボカドサラダなど意外と少し気を付けるだけで今晩のおかずに一品足してみることができそうです。その他栄養素とのバランスも考えて摂取できると良いでしょう。

生活習慣を見直す

やせ型だからと諦めてはいませんか?体脂肪は標準であるにもかかわらず不規則な生活習慣を過ごしてはいませんか?

胸を大きくするためにどれだけ女性ホルモンのための栄養素を蓄えたとしても、生活環境が原因で、ホルモンの分泌を妨げてしまっては意味がありません。1日3食と、十分な睡眠をとって、適度にストレスコントロールをして過ごしましょう。