貧乳の原因とは|女性ホルモン増加で胸を大きくする方法を調べてみた

貧乳の原因とは

やせ型は無関係?

太りにくい体質だから胸が大きくならないのでは、と考えるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、実はやせ型でも胸を大きくすることはできます。なぜなら、貧乳の原因はやせ型ではなく、やせ型+体脂肪が少ない人なのです。

重要なのは「脂肪と乳腺」

バストは1割の乳腺と、あとはほぼ9割脂肪でできています。乳腺が張り巡らされており、その乳腺を守るようにその周りには脂肪組織がつくられます。そのため、この脂肪が増えることによって胸は膨らみ、胸を大きくするのです。乳腺を育てることによって勝手に脂肪もついてくるので、太らない体質のやせ型でも体脂肪が十分にあればバストアップができるのですね。

女性ホルモンと乳腺

バストアップに不可欠な乳腺ですが、どのように育てるのでしょうか。大切なのは、女性ホルモンなのです。女性ホルモンには、乳腺を増やす働きをするエストロゲンと、乳腺を育てるプロゲステロンの2つがあります。月経もこれら2つのホルモンの分泌でなっています。

特にプロゲステロンは、排卵後から月経までの間に増えていくので、月経前に胸が膨らむというのはこのためです。

初潮の1年ほど前より女性ホルモンが増え始め、胸は膨らみます。このときから女性は赤ちゃんを産むための準備をするわけですが、この思春期のホルモンの分泌量が、胸の大きさに影響を与えるとも言われています。

この時期には人間関係や受験勉強などのストレス、不規則な食生活、睡眠時間などがありますが、このようなホルモンの分泌を妨げるような原因をつくってしまうと、胸は思うように成長してくれないのです。

影響を受けやすい女性ホルモン

ストレスや睡眠不足で生理が遅れるということがありますが、それくらい女性ホルモンは生活習慣によって影響を受けやすいものなのです。特に「痩せていて脂肪が少ない」というのも女性ホルモンの分泌をストップさせてしまいます。

胸が小さいのは骨格などの遺伝によるものはあるかもしれませんが、ほとんどは女性ホルモンの分泌を妨げる生活習慣です。女性ホルモンの働きを妨げないような生活習慣を心がけましょう。

胸を大きくするためにできること

女性ホルモンを増やすには

エストロゲンによって乳腺とその乳腺脂肪を増やし、プロゲステロンによってその乳腺を発達させます。エストロゲンは月経が終わってから排卵までの間(卵胞期)に、プロゲステロンは排卵後から月経までの間(黄体期)にそれぞれ増加します。そのためそれぞれが増加するときに、その手助けとなる栄養素を与えてあげれば良いのです。

エストロゲンは納豆やみそなどに含まれる大豆イソフラボン、アボカドやアーモンドなどに含まれるビタミンE、卵やお肉などに含まれるコレステロール、まぐろやにんにくなどに含まれるビタミンB6などがその栄養素となります。豆乳を飲んだら胸が大きくなるということを聞いたことがある方もいらっしゃるでしょうが、大豆は別名、植物性エストロゲンとも呼ばれるほど、ほぼエストロゲンのようなものなのです。

プロゲステロンはピーマンやキウイなどに含まれるビタミンC、うなぎや大根の葉などに含まれるビタミンE、豚ロースやえびなどに含まれるL?アルギニンなどがその栄養素となります。

食卓によく出そうな味噌汁や卵焼きはもちろんのこと、アボカドサラダなど意外と少し気を付けるだけで今晩のおかずに一品足してみることができそうです。その他栄養素とのバランスも考えて摂取できると良いでしょう。

生活習慣を見直す

やせ型だからと諦めてはいませんか?体脂肪は標準であるにもかかわらず不規則な生活習慣を過ごしてはいませんか?

胸を大きくするためにどれだけ女性ホルモンのための栄養素を蓄えたとしても、生活環境が原因で、ホルモンの分泌を妨げてしまっては意味がありません。1日3食と、十分な睡眠をとって、適度にストレスコントロールをして過ごしましょう。
 

バストアップサプリで女性ホルモンを活性化

バストの大きさを決めるのは女性ホルモンの働きです。エストロゲンとプロゲステロンの2種類に分類されますが、このうち、前者のエストロゲンはサプリメントなどでの摂取が可能です。

ドラッグストアや通信販売でバストアップに効果があるサプリメントが販売されているのは、こちらのエストロゲンを補給する働きのものです。また、大豆類に含まれるイソフラボンが、エストロゲンと似た働きをするため、豊胸サプリメントの成分として利用されているものもあります。

バストアップは思春期や妊娠・授乳期だけと思われがちですが、実は日々のちょっとしたことで変化することもあります。

最たるものは月経でしょう。女性ホルモンが大きく動く月経時や前に、乳房が張るような感じを受ける女性も多いと思います。あれは、一時的にホルモンが多く分泌されることで、少しですがバストアップしているためなのです。サプリメントでホルモンを摂取してバストアップさせようというのも、原理的にはそれに似ています。
 

副作用には注意

ただし、本来は体内で生成される量以上のエストロゲンを摂取するわけですから、副作用にも注意が必要です。

女性特有の病気である子宮がんや子宮筋腫、乳がんなどは、エストロゲンが多過ぎることが発症原因の一つでもあるのです。ですから、無計画に摂取するのは危険です。摂取期間が長期に渡ることにより、血栓症のリスクが高まる、という研究結果も出ています。

そもそも自分の身体に、女性ホルモンが現在どれだけ存在しているかを知ることが重要ですね。それによって必要な摂取量も変わってきます。サプリメントを使い始める前に、一度専門医に相談してみることをオススメします。
 

バストアップの植物性サプリメント

貧乳を解消するサプリメントには様々な種類があります。その中でも植物性サプリメントは、効果が緩やかで副作用が少ないこともあり、特に人気です。また、人気なので商品の種類もかなり豊富です。

いくつか、代表的なサプリメントを紹介しましょう。

■大豆

大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと似た働きをします。そのため、バストアップのためのサプリメントでは、最も有名な成分でもあります。似ているだけで効果量はエストロゲンより劣りますが、その代わり、副作用の心配がない優秀な成分です。

■ブラックコホシュ

もともとはアメリカで更年期障害を軽減させるサプリメントとして人気が出たものです。植物性サプリメントの中では効果が強い方であり、人によっては胃腸の不調を訴えたり、頭痛に悩まされる人もいるようです。このような場合、摂取は見合わせたほうがよいでしょう。

■レッドクローバー

ムラサキツメクサのことで、ハーブティーにして飲む人もいます。女性ホルモンの分泌を安定化させる働きがあります。また、ガンの予防にも効果があるんだとか。

ガンは体内で勝手に血管を作って成長しますが、この血管を作るはたらきを阻害するのがレッドクローバーに含まれるジェニスティンという成分です。これら以外にも様々な植物性サプリメントは存在します。

いずれにせよ、ホルモンバランスが崩れているタイミングでの摂取は控えましょう。たとえば思春期の女性や、女性特有の病気を罹患している人、妊娠中の人、生理痛のひどい人などは、必ず医者の判断をあおいでください。