このページの先頭です

胸を大きくする方法!育乳ブラやサプリの成分などを詳しく解説

44views

投稿日:

胸を大きくする方法・1【育乳ブラ、バストアップクリーム】

育乳ブラ

胸はおよそ9割が脂肪組織でできています。そのためサイズの合わないブラジャーを着用すると、胸の脂肪組織が脇や二の腕といった周辺に流出して胸が小さくなる場合があります。しかし、逆に育乳ブラは脇や二の腕といった周辺にある脂肪を胸と一緒に収納することで胸に定着させて、胸を大きくすることを目的にした製品です。

したがって、周辺の脂肪を収納するために通常のブラジャーよりも胸の収納部分が大きめに作られています。そして現在は様々なデザインの製品が販売されているので、通常のブラジャーと同じ感覚で気軽に利用できます。

バストアップクリーム

バストアップクリームとは、胸を大きくする効果を持った成分が含まれているクリームのことです。そしてバストアップクリームには主に「プエラリア」「ハナスゲ根エキス」という2種類の成分が利用されています。プエラリアは女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た作用を持つため、胸に吸収させることで乳腺の発達を促して胸を大きくする効果を期待できます。

そして、ハナスゲ根エキスはユリ科のハナスゲという植物から抽出されるエキスであり、塗った部分の脂肪組織を増殖させる効果を発揮します。したがって、胸にハナスゲ根エキスを塗布することで胸の脂肪組織を増殖させて胸を大きくする効果が得られます。また、ハナスゲ根エキスによって増殖した脂肪組織は簡単に失われないという特徴があります。

胸を大きくする方法・2【バストアップサプリ、生活習慣の改善】

バストアップサプリ

プエラリア

プエラリアとは、タイやミャンマーなどに自生するマメ科の植物のことです。女性ホルモンの一種であるエストロゲンとよく似た作用を持った成分を「植物性エストロゲン」と呼びますが、プエラリアには高い効果を発揮する植物性エストロゲンが何種類も含まれています。

そして、エストロゲンには胸の中にある乳腺という組織を発達させて胸を大きくする効果があるので、プエラリアが配合されたサプリを摂取することで胸を大きくする効果が得られます。ただし効果が強すぎるので副作用を発症する場合があり、用法用量を守ることが大切です。

ワイルドヤム

ワイルドヤムはメキシコやアメリカなどに自生しているヤマイモの一種です。ワイルドヤムに含まれている「ジオスゲニン」はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの一種と同じような効果を発揮するため天然黄体ホルモンと呼ばれています。

プロゲステロンには乳腺を増やす効果があるため、ワイルドヤムを摂取することでプロゲステロンを増やし、プロゲステロンの発達に伴う脂肪増殖によって胸を大きくできます。

チェストベリー

チェストベリーは南ヨーロッパなどに自生するチェストツリーと呼ばれる木の果実です。チェストベリーにはプロゲステロンの分泌を促進する効果があるので、摂取することで乳腺の増殖を促して胸を大きくする効果を期待できます。

生活習慣の改善

十分な睡眠

睡眠時間が不足すると胸を大きくする効果を持つ女性ホルモンの分泌量が減少するので、十分な睡眠をとることが大切です。また胸にあるラクトゲン受容体に「成長ホルモン」が作用を及ぼすと胸が大きくなりますが、成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されます。

とくに22時から2時のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯に最も多く分泌されるので、この時間帯に眠ることで胸を大きくする効果を得られます。

タンパク質の摂取

胸を大きくする上で重要な役割を担っている女性ホルモンは、主にタンパク質を材料にして作られます。そのため肉類や魚類、乳製品などのタンパク質が多く含まれた食品を積極的に摂取することで胸を大きくする効果が得られます。

コーヒーの量を減らす

スゥエーデンの大学が300人の女性を対象に行った調査により、毎日3杯以上のコーヒーを飲む女性はそれ以外の女性に比べておよそ17%も胸が小さいことが判明しています。

胸の大半は脂肪組織で構成されていますが、コーヒーには脂肪燃焼効果があるので胸の脂肪が燃焼して胸が小さくなると考えられています。したがってコーヒーを頻繁に飲む女性は摂取量を減らすことで胸を大きくする効果が得られます。